The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
寒い、寒い。。。
2012-01-26 Thu 14:19
こんにちは。。。聖巴です。
今週の広島は寒いですね。。。って広島だけではないか。。全国的に寒波が来てて毎日寒いの一言。。
しっかし、なんとなく今年は冬な気がしない日々でしたが、ここへ来てこれぞ冬って感じですね。。。

寒いのは苦手なボクですが、冬があるのも日本の良いところ楽しまないとです^。^
今朝はカメラを持って近所を少し散歩。。

気温は低いかったですが、空気が澄んでて綺麗な青空から降りてくる光がまた良い色でした。
そんな中、人と同じように寒がる方を発見。。

あちらこちらで冬を発見し、感じれる時間になりました。

広島にはインフルエンザ警報が出てるみたいです。。
みなさん、風邪には気をつけて、この冬を乗り越えて下さいね!!!

2012年1月26日
聖巴

鼻水
『蛇口もハナミズ』

photograph by Seiha Yamaguchi / iDS Photo
スポンサーサイト
別窓 | PHOTO | コメント:0 | トラックバック:0
知覧、、阿蘇山、大観峰、そして旅の終わり。
2012-01-17 Tue 19:05
2011年8月24日、午後。
指宿市から北へ1時間半くらい車で走り僕たちは知覧へいました。
知覧では昔から静かなたたずまいを見せる「知覧武家屋敷群」を見た後、
「知覧特攻平和会館」へ向かいます。

この知覧特攻平和会館は、大東亜戦争末期(戦後は太平洋戦争ともいう)の沖縄戦で、人類史上類のない爆装した
飛行機もろとも敵船に体当たりした陸軍特別攻撃隊員の遺影、遺品、記録等貴重な資料を収集、保存、展示して
当時の真情を後世に正しく世界恒久の平和に寄与するものです。

そこは、広島の原爆とはまた違う戦争の傷跡が残っていて、沖縄戦で戦死された1036人の命の犠牲の上で
戦争のむなしさ、平和の大切さ、命の尊さを訴えていました。
人は生まれた瞬間から死に向かって人生を歩いている。。
確かにそうだと思う、人はやがてやって来た側へ戻る日が来る。
だけど、ここを初めて訪れた僕には命に対する冒涜を強く感じてしょうがなかった。
中でもひどく感傷されたのは、1945年6月に特攻した隊員もいたこと。
終戦する2ヶ月前です。 

もっと早くに日本が克服していれば、、

失われずに済んだ命もあったはずだと思うと平和な世に生まれ育つ僕でも胸が痛みました。
若い人だと17歳で死を覚悟で戦地へ飛ぶ隊員。
隊員達が特攻前日に過ごす三角兵舎なども隣設されていて、そこで書く遺書にはこんなものがありました。
その中のひとつをこの場で伝えさせてもらいたいと思います。

大橋春男(少尉 昭和20年4月1日出撃戦死 岐阜県 26歳)

母上様
お達者でお暮らしの御事と存じ上げます。
二十八年間は夢のようでした。この二十八年間の母上様の御苦心、御辛抱、肝に銘じて居
ります。されば今日の日を勇んで征きます。
綾子の事に付いては、父上様と共に大変お世話になり、今日まで無事人並に立って来まし
た。これも皆父上様、母上様の御力の賜と深く厚く御礼申し上げます。
綾子の事に関しては母上様今後とも一層御面倒を見てやって下さい。あれも正式なる式も
挙げ得ず、常に二人で一度でよいから帰郷したいと申して居りましたが、
それは出来ませんでした。
それ故隣り近所の方々とは未だ親しくいたして居らず、突然一人ボッチでは随分苦労する
と思います。
女は女と、綾子の事は、母上様くれぐれもお頼み申し上げ、最後に母上様の御健康をお祈
りいたして失礼いたします。
母上様        治男


たくさんの遺書があり全部は読み切れませんでしたが、
僕の心にたくさんの大切なことを刻んでくれた場所でした。

自分が死ぬとわかっている時、恐さ、後悔、もっと生きたいという願望。
色んな感情が沸き起こると想像できますが、多くの人が書き残した言葉や想いは、
相手への愛だったように思えます。
死を前にしてここまで相手のことを愛する手紙をかけた隊員の方々、数十年前の日本男児に敬意を払うと共に、
僕は尊敬します。
現代の日本が終戦と共に亡くしてしまったものがここにあるのでないか。。。
そう感じています。

広島生まれの人間として行っておきたかった場所、知覧。
行くことでそこを体験することにより自分に出来ることは多くはないけど、今回の人生でもらった命。
自分にやれることをやり、一生懸命生きようと心に思った時間でした。

写真では、僕が撮ったものと一緒にウェブにあった写真も引用してアップしたいと思います。

知覧
『特攻の母、鳥濱トメさんの像「やすらかに」の見る先』
 特攻像「とこしえに」
 Photo by Seiha Yamaguchi

資料館

『知覧特攻平和会館内』webより引用

隊員
『若き日の特攻隊員』webより引用


その後は、車を走らせ鹿児島市内をブラブラとして桜島などを眺めて、晩ご飯後、熊本に車を走らせます。
そう、天気が悪くて日程を変更した阿蘇山、大観峰へ翌日に再挑戦です。

熊本で宿泊し翌朝、起きるとなんと天気は晴れ。
太陽も味方してくれたので意気揚々とまずは大観峰へ。
車を走らすとそこには、素晴らしい景観が待っていました。
まさに、大地、地球を感じれる場所。。
自分の小さな悩みなんて吹っ飛ばすくらいの大自然。
そこで飛行機ラジコンで遊ぶファンキーな人。

オススメな場所です。
昼もいいですが、夜の星空もかなり良いはず。
黒川温泉も近いのでいつかまた星空も撮影したいものです。

大観峰の写真はこちら↓
大観峰1
『キョウゾン』


大観峰4
『トベル』


大観峰2
『ソラへ続く道』



大観峰での遊び
『ゼイタクな場所と時間』


大観峰の後は阿蘇山へ。
なかなか、雲がどいてくれなかった阿蘇山。
最後は味方してくれていい天気阿蘇山を見せてくれました。

火山は赤くはありませんでしたが、グツグツとしていて地球の呼吸のように見えて、素晴らしい場所でした。
噴火したらと思うと恐いものがありますが。。


阿蘇山火山口
『阿蘇のハナ』


阿蘇山
『阿蘇のヒフ』


大地からの阿蘇山
『見せてくれた阿蘇のカオ』


大観峰、阿蘇山で大自然の息吹を感じさせてもらった後は、大分県からフェリーで山口県へ。
その後は高速で広島で走り帰郷。

2011年の九州への旅は幕を閉じました。
今回の旅で一番感じたことは九州はまだまだ大自然や深い歴史があって本当に面白いと言う事でした。
また行きたいです。

旅は良いですね。
新しい何かを感じさせてくれるし、気がつかせてくれる。
これからも時間を作り、ゆっくり地球で遊ぶ旅を続けたいと思います。


いつも中々更新していない僕のBLOGを見て下さっているみなさん、
本当にありがとうございます。
ここまで、書き上げるのに年も変わり長い期間がかかってしまい、
いつもBLOGを見てくれているみなさんには飽きが来ていたことと思います。
申し訳ないです。
それでも、最後まで読んで頂き、本当に感謝しております。

今後も旅へ行く機会があれば旅の話、
通常はカメラワークの事や、良い作品が撮れればアップしていこうと思っていますので、
お時間があれば時々BLOGをチェックして頂けると幸いです。

2012年もまだまだ始まったばかり。
何が起こるのかワクワクしながら毎日を精一杯過ごして行きます。

こんな僕ですが、これからも宜しくお願いしますね。

2012年1月17日 聖巴

All Photographs by Seiha Yamaguchi / iDS Photo

別窓 | PHOTO | コメント:0 | トラックバック:0
謹賀新年☆
2012-01-05 Thu 19:15
Seihaです。
新年明けましておめでとうございます^。^
なかなか、更新できていない僕のBlogですが今年もお時間があればどうぞ
チェックして見て下さいね!!

今年は昨年より写真を多くアップしていく事が目標です☆
2012年のスローガンは
目的 × 具体性 = 豊かな人生
です。

ちなみに去年は
理論 × 感性 = 飛躍
というものでした。

なんて、これだけみても分けわからないですよね??
写真的には
『シンプルな写真、けれどもよりストーリー性を』
が今年のキャッチフレーズ!!

一目見て、何が伝えたいのかわかる写真、伝わりやすいのに前後の時間の想像してもらえるような一枚!!
そんな写真を撮れるよう今年も日々精進して行きます!!

みなさん、今年もどうぞ
iDS Photo 山口聖巴を宜しくお願いしますーー^。^

2012年がみなさんにとって実り多い幸せな1年になることを願っております。
まずは去年の夏の旅のBlogを完結させないと。。
次回からまた少し続けます!!

2012.1.5
Seiha

年賀状

Photograph by Seiha Yamaguchi
from Hawaii
別窓 | PHOTO | コメント:0 | トラックバック:0
| iDS PHOTO |

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。